Insight Technology

Insight Qube

ハイパーコンバージド環境で構成するマルチデータベースプラットフォーム

Insight Qube Gen.4とは?

世界最速のデータベースマシンをコンセプトに2012年にリリースしたInsight Qubeが更に進化しました。
Insight Qube Gen.4は、従来のHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)環境をもとに、企業でのデータ活用にフォーカスして作り上げたプラットフォームで、企業におけるマルチデータベースによるユーザー運用を想定し、運用性、コストパフォーマンス、拡張性の向上をコンセプトとしております。

Insight Qube Gen.4では、このプラットフォームを『ハイパーコンバージド・データ・インフラストラクチャー』(HCDI)と名付け、マルチデータベースに対応するコモディティのフラッシュサーバーをベースとしたHCI環境を提供します。

Insight Qube Gen.4の特徴

    Insight Qubeは複数種類のデータベースを同一プラットフォーム上で運用することが可能であるとともに、様々な用途のシステムを融合・流用することもできます。
    以下の特徴があります。

    マルチハイパーバイザーとベアメタル:
    様々なハイパーバイザーとOSに対応しており、仮想ノードや物理ノード、またはその両方を使用することが可能です。

    スケーラビリティとパフォーマンス:
    フレキシブルなシステムの拡張を可能とします。

    ハイアベイラビリティ:
    『メッシュミラーRAID1』による高可用性を実現。特定ノードで障害が発生しても業務の継続が可能です。

お勧め情報
イベント
「ニューノーマル時代こそデータドリブン! 」 2011年から始まり、データベース...
イベント・セミナー ウェビナー
事例
株式会社NTTぷららでは、インターネット接続サービス「ぷらら」において、ミッシ...
ハードウェア
ページトップへ