Insight Technology

2022.01.13

リアルタイムにフリーテキストのマスキングが可能な「Insight Data Masking」の最新版v2.5を提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

PR TIMESでのプレスリリース記事は以下URLよりご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000087136.html

株式会社インサイトテクノロジー(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:森田 俊哉、以下:インサイトテクノロジー)は、2022年1月13日より、「Insight Data Masking」にフリーテキストマスキング機能を追加したv2.5の提供とサポートを開始したことを発表します。

改正個人情報保護法の2022年4月の施行により、データ利活用の促進が行われる一方で法令違反に対するペナルティ強化も行われます。それに伴い、企業には正しくデータを利用する仕組みがより求められています。 「Insight Data Masking」は、データ利活用の促進のためにデータを正しく利用する仕組みを提供するソリューションです。

2021年7月にリリースした「Insight Data Masking」v2.0により、AIによるデータベース内の個人情報等の機密情報の自動抽出・保護を行う機能が追加され、マスキング作業での課題となっていた対象データの特定が大幅に効率化・作業時間の削減に貢献しました。

今回のv2.5では、テキストデータ内の個人情報等の機密情報に該当する単語を自動検出し匿名化を行う「フリーテキストマスキング」機能を追加しました。
「フリーテキストマスキング」機能により、メール本文、チャットのテキスト、CRM などの対応履歴・メモ欄といったテキストデータ内の個人情報(氏名や住所、電話番号、会社名 etc.)や、機微情報を「Insight Asir」(自社提供高性能AI)で自動検出し、リアルタイムかつ高速に匿名化・秘匿化し、保護することが可能です。

20220113_IDMv2.5画面_site.png

フリーテキスト内の個人情報検出

利用イメージ1:ファイル、データベースに格納されたデータをデータマスキング

CSVファイル、データベースに格納されたデータを、マスキングできます。データベースや複数のファイルに対しての一括データマスキングや、スケジュール管理して定期的にマスキングすることが可能です。クラウド環境でもオンプレミス環境でも実行可能で、クラウドにデータを送信する前に機微なデータの保護を行えます。

IDMv2.5プレス画像1.png

利用イメージ2:Web API を用いたリアルタイムマスキング

HTTPプロトコルで、呼び出し可能な Web API を提供しています。「Insight Data Masking」で設定後、外部のプログラム、サービスからマスキングしたいデータを連携するだけでマスキングされたデータをリアルタイムかつ高速に取得できるようになります。Web API での連携により、高性能で一貫したデータマスキング処理を、わずかな開発工数でお客様のシステムへ追加できます。

IDMv2.5プレス画像2.png

Insight Data Maskingについて

Insight Data Maskingは、システム開発、データ分析、クラウド移行のためのデータマスキングツールです。本番環境からリストアされた開発用データベースを、システムテストに利用する機会が度々ありますが、個人情報など保護すべき情報を含む場合、データマスキングは不可欠です。Insight Data Maskingを用いると、作成されたマスキングデータで本番環境と同等のアプリケーションの機能テスト・性能評価テストが可能となります。

Insight Data Maskingならユニーク性、参照整合性、カーディナリティを維持した状態の本番同等データの生成を瞬時に行い、匿名化・秘匿化の工程の大部分を自動化することが可能になり、多くのユーザーを機密情報の保護という煩わしく非生産的な作業から開放されます。さらにInsight Data Maskingは、従来製品の100倍以上*の独自高速マスキングエンジンを搭載し、純国産のマルチバイト対応のマスキングツールのため、日本語を完全にサポートしており、日本国内のお客様が安心してご利用いただけるようになっております。

詳細URL:https://www.insight-tec.com/products/idm/

Insight Data MaskingはAWS Marketplaceからも簡単に導入できます。 AWS Marketplace上の製品ページは下記リンクよりご確認ください。

Insight Data Masking (BYOL) - AWS Marketplace

https://aws.amazon.com/marketplace/pp/prodview-6apf37y3z7jda

*お客様環境での実測値

インサイトテクノロジーについて

インサイトテクノロジーは、1995年の創業以来、企業におけるデータの価値を最大化するために何が必要かを常に考え、データベースの専門家集団として、必要な製品やサービスを提供し続けてきました。

しかし、データを貯めることと、そこから情報を得ること自体はお客様の課題解決に直接つながるものではありません。「インサイト」(本質を導き出すための洞察)こそが、お客様の経営に価値をもたらすと確信しています。

社名の通り、データを活用しお客様が求める本質を得られるように、また、「データ × AI」から得た Insightによって、新しく豊かな社会を創造できるように、ソフトウェア、ハードウェア、サービスなど特定の分野や形態に捕らわれず、お客様や社会が必要とされるものを提供しています。

また、インサイトテクノロジーが主催するデータ技術者向けカンファレンス「db tech showcase」には、世界中からデータ技術のエキスパートが講師として登壇し、毎年1,000名規模のエンジニアが参加しています。

URL: https://www.insight-tec.com/
db tech showcase :https://www.db-tech-showcase.com/

※記載されている企業名、商品名、サービス名は、株式会社インサイトテクノロジーならびに各社の商標または登録商標です。
※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。

ページトップへ