Insight Technology

事例・資料

Delphixセルフサービスを活用したデータ管理

20401010513.png多くの企業では、企業データへのアクセスに関する課題が山積しています。アプリケーション開発、品質保証、ビジネス分析など、さまざまなチームの多くのユーザーが、スムーズにデータにアクセスできるようにする必要があります。データが企業に取り込まれた後、それぞれのユーザーの要件に合わせて、データを提供できるようになっていないことが問題です。多くの場合、エンドユーザーは、IT 部門にデータ提供を依頼し、その処理の完了を待つしかありません。データが必要となるたびに、ユーザーと IT 部門の間で処理が発生するのは非効率的であり、そのために作業が滞るのは望ましくありません。

このホワイトペーパーでは、Delphix Dynamic Data Platform を活用したセルフサービス機能によって、企業におけるこれらの課題を解決する方法について説明します。

セルフサービス型のデータ管理を活用すれば、データを必要とするユーザーは、自分のサンドボックス内でデータにアクセスして操作できるようになります。データベース管理者はユーザーの要求に対応する必要がなくなります。セルフサービスのもう 1 つの目標は、IT インフラとデータユーザーを明確に分離して、IT リソースを解放することです。

ページトップへ