Insight Technology

事例・資料

ハイブリッドのアプローチ - クラウドにおけるデータベースのディザスタリカバリ

tmb_20201010309.png

ここ数年の間、DBAはクラウドへの移行の重要性を絶えず実感してきました。この新しい運用環境を採用するDBAがいれば、この重要な移行に背中を向けるDBAもいます。DBAが好むと好まざるとにかかわらず、クラウドは既に普及しています。実際にクラウドは、今後数年間で増加するというあらゆる兆候を見せています。

ここ数年間にわたって大きく注目されている別の領域として、ビジネス継続性とディザスタリカバリがあります。ディザスタリカバリ(DR)計画は補足であることが多いですが、システムを設計する際にはDR計画を考慮する必要があります。DRはますます重要性を増しており、DRを無視する組織は、危険を覚悟で無視することになります。

テクノロジが相乗的な段階に達して、融合されると適切に機能する時期が来るというのは、良くあることです。ディザスタリカバリとクラウドの2つは、融合によってより良い機能を発揮するテクノロジです。このホワイトペーパーでは、オンプレミスの本番データベースシステムとクラウドのDRというハイブリッドソリューションについて説明します。

ページトップへ