Insight Technology

事例・資料

物理レプリケーションとOracle Database Standard Editionを使用したディザスタリカバリの実現

tmb_20201010208.png

必要な可用性を達成するために、IT部門では、データベース管理者が信頼性の高いタイムリーなデータベースレプリケーションを提供することが求められています。このレプリケーションの目的は、プライマリデータベースに障害が発生した場合に、最新のデータベースコピーを短時間で確実に使用できるようにすることです。これにより、プライマリデータベースが停止している間、ユーザーはこのコピーを使用することができます。

データベースレプリケーションを提供するための選択肢は、データベース管理システムのベンダー(Oracleなど)から提供されているツール、データベース管理者が社内で開発、保守を行っているツールとスクリプト、サードパーティ製ツールなど、いくつか存在します。

Oracle Data Guardの前提条件は、Oracle Database Enterprise Edition ライセンスですが、このライセンスは必要でない可能性があります。

社内開発のソリューションは、信頼性が低く、サポートと保守に高いコストがかかり、継続的な運用や保守の面で大きなリスクがある可能性があります。

Dbvisit Standbyは、Oracle Database Standard Edition 2用のサードパーティ製ツールであり、高い費用対効果、信頼性、および実績を備えた物理レプリケーションソリューションを実現します。Dbvisit Standbyはレプリケーションのための総合的なツールを提供するため、カスタムスクリプトや信頼性が低い未テストのコードを開発する必要がなくなります。

このホワイトペーパーでは、データベースレプリケーションの概念、考慮事項、および仕組みについて説明し、物理レプリケーションを含め、使用可能なさまざまなレプリケーション手法について詳しく説明します。次に、Oracleデータベースの物理レプリケーションを提供するために使用可能なさまざまなソリューションについて説明し、このようなソリューションの1つであるDbvisit Standbyの運用について詳しく説明します。

ページトップへ
最新ニュースをお届けします! インサイトテクノロジー公式メールマガジンを
ご購読いただき、お役立ち情報をお受け取りください。
メールマガジンを購読する