Insight Technology

2022.05.31

【CTO宮地敬史のどんとこいデータ技術】ブログを始めました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ctoblog_ogp

こんにちは!インサイトテクノロジー CTOの宮地です。

第1回のブログということで、まずは私が何者か、について紹介します。

愛知県小牧市に生を享け、高校卒業までは地元でスクスクと育ちました。
当時はちょっと変わった言動をする子、と見られていたようです。(不良ではありませんでしたよ!)

大学時代に塾講師を始めましたが、正社員さんと同じ研修を3ヶ月受けた後、本格的に塾講師として社会人デビューしました。思えば、この頃の経験が今の自分の屋台骨となっていると感じます。
例えば、多数の相手に説明をするときの目線の配り方、話す速度、注意を惹きたいときの話し方、分かりやすい説明方法など、今でも当時のメモを見返すことがあります。
また、相手をその気にすることが一番重要、という教訓も得ました。
こちらについては、別の機会に詳しくお話ししたいと思います。

その後、元々興味のあったIT業界に入りました。
私はインサイトテクノロジーが3社目となるのですが、IT業界に入ってから3年間は、金融系のメインフレーム上で動作するCOBOLアプリケーション開発、通信業界の顧客管理システムのアプリケーション開発など、アプリケーション開発者として仕事をしておりました。
アプリケーション開発は、要件定義から参画していました。特に業務要件を整理し仕様を決めていくところがとても楽しく、やりがいもあったのですが、『システムのキモはデータベース(テーブル設計含め)なのでは』と感じるようになり、データベースエンジニアに舵を切りました。

その後は、期待通りキモの部分に関わることができ、パフォーマンス問題や障害が発生しにくいデータベースシステムを提供することに日々力を注いでいます。リリース後、年月を経て問題が発生した際や、レスポンスが悪くて困っているという相談を受けて対応する際は、緊急対応を求められることが多く、今でもシビれます。
プレッシャーは大きいですが、解決した時の達成感と、何よりお客様からの『ありがとう、助かったよ』の一言が身に沁み、またやるぞー!と励みになっています。
現在は、CTOという肩書をいただいており、インサイトテクノロジー全体の技術について考えていかないといけなくなっていますが、現場の空気感と実態を忘れないよう、可能な限り現場にも顔を出していきたいと考えています。

自己紹介が少々長くなってしまいましたが、今後も引き続きこのブログで発信していきたいと思います。最新・過去問わず技術的な話、業界の話といった少し堅い話から、プライベートの柔らかい話まで、忖度なしの内容で広く長く続けていきたいと考えています。よろしくお願いします!

犬2匹、猫2匹と暮らしています(写真はゴン太です)
中々食費、医療費も馬鹿にならず、彼らが幸せに暮らすためにも仕事頑張っています!
ページトップへ