Insight Technology

このエントリーをはてなブックマークに追加

データ統合とデータ品質の7つのユースケース

Qlik Replicate
データ統合
ホワイトペーパー

データ周りの課題を克服する新たな方法

企業にとって、データは以前にも増して大きな可能性を秘めていますが、現在のニーズに対応できるようデータを管理するのは至難の業です。さらに、有用なテクノロジーの選択肢も限られているのが現状です。

• 現在のニーズや将来のニーズに対応できない不完全なレガシー製品
• マルチクラウドやハイブリッドワークロードの可能性を制限してユーザーを囲い込む大手クラウドメーカー
• 製品ごとに特有の難点があり、組み合わせることで大きな統合の難題を生む複数の単体製品

こうした課題を解決するのがQlikとTalendです。最新かつ実績と信頼性を備えた最高水準の広範なソリューションを統合した製品群は、オープンでクラウドに依存しません。

QlikとTalendを統合した製品は、あらゆるデータソース・ターゲット・アーキテクチャ・手法に対応し、いつでもどこでも利用しているツールから必要なデータを入手することができます。

QlikとTalendを併用するには?

QlikとTalendを統合したソリューションがもたらすデータ統合とデータ品質の可能性は無限大です。
企業規模・業界・地域を問わず、多くの企業で日常業務に使用できる7つのユースケースをご紹介します。

  1. データベース間の同期
  2. データウェアハウスの刷新
  3. データレイク / レイクハウスの自動化
  4. データベースからストリーム / ストリームからデータベース
  5. データ品質とデータ統制
  6. API サービスとワークフロー
  7. 運用データの変換

ユースケース1:データベース間の同期

QlikとTalendの主流を占めるユースケースが、データベース間の同期です。双方の機能を組み合わせることで、企業のあらゆる課題に極めて柔軟に対応することができます。基本的なデータの読み込み、リアルタイムの複製、マイクロバッチの更新など、あらゆる場面に対応します。以下は、データベース間の同期における一般的な活用例です。

• リアルタイムのレポート作成と分析
別のデータベースやウェアハウスにデータを複製し、メインのデータベースのパフォーマンスを維持しながら、より高速かつ効率的なクエリと分析を可能にします。

• リアルタイムのデータ統合
データベース間でデータを複製し、異なるシステムやアプリケーション間のデータをスムーズに統合します。これにより、継続的に全社で一貫性のある最新のデータを利用できるようになります。

• レガシーシステムの刷新
既存のデータによる負荷を新しいデータストアに分散し、オンライン分析処理(OLAP)コストを削減してクエリのパフォーマンスを高めます。

• クラウドへのデータの移行
オンプレミスのデータソースとクラウドデータベース間のデータを複製し、一貫性のある最新のターゲットデータを確保します…

続きは資料ダウンロードでご覧いただけます

ページトップへ