Insight Technology

事例・資料

データウェアハウスの迅速化

img_qlik-compose-data-warehouses_wp1.png

データウェアハウスプロジェクトは膨大なビジネス価値をもたらすことができます。では、なぜ、これほどにまで期待外れに終わることが多いのでしょうか? 課題はお分かりでしょう。時間がかかりすぎて価値を実現できない、コストがかかりすぎて構築も維持も不可能、変化するビジネス要件に対応できない、など、こうしたすべてのことがビジネスチームを苛立たせ、IT では価値を提供できない、という意識を焚きつけます。

解決策としては、セルフサービスのビジネスインテリジェンス (BI) オプションの追求、独自のオプション構築などが挙げられますが、いずれにしても、つまりセルフサービスにしても、データハブ切断につながることが多い構築にしても、結局はより大きなメンテナンスの問題が発生し、ハブ間でデータの一貫性がとれなり、 ガバナンスが欠如してしまいます。こうしたデータウェアハウスの問題は、どのようにしたら克服できるのでしょうか?

本ホワイトペーパーでは、従来のデータウェアハウスを設計、構築、維持するには何が必要かを説明しながら、コストを抑えつつ、より迅速かつ効率的な方法でデータウェアハウスを設計、構築、展開、運用できるソリューションであるQlik Compose™ for Data Warehouseについて紹介します。

ページトップへ
最新ニュースをお届けします! インサイトテクノロジー公式メールマガジンを
ご購読いただき、お役立ち情報をお受け取りください。
メールマガジンを購読する