Insight Technology

Insight Database Testing

データベース・アプリケーションの移行を促進するキーソリューション

Insight Database Testingの主な機能

SQL Capture
本番環境のSQLを自動的にキャプチャーし、重複するSQLをグループ化して要約表示。弊社独自のDirect Memory Access機能により性能に影響をほとんど与えません。
SQL Test
本番環境で実行されたSQLを、異なるデータベース製品やパッチ適用などの設定変更後の環境で実行/評価
SQL 改修
実行時間が遅くなったSQL、実行エラーになったSQLを改修、テストします。SQLを書き換え、移行先環境で素早く実行します。

SQL Capture:本番環境のSQLを自動的にキャプチャー

本番環境よりSQL、プログラム、ユーザーに関する情報を取得しています。

*バインド変数は取得できないパターンがあります(where句とhaving句で使用されるバインド変数のみ取得可)。

SQL Capture
SQL SQL Text 実行回数
SQL開始/終了時間 処理件数
オブジェクト バインド変数
プログラム プログラム名 プロセスID
ユーザー OS/DBユーザー名 ログイン/アウト時間

SQL Test:移行先の環境や設定変更後の環境で実行・評価

SQLテストで実施できるテスト項目は以下の通りです。

  • SQL互換性テスト(実行 or パース)
  • パフォーマンス比較(実行時間比較)
  • SQL修正結果の動作確認
▼アセスメントサマリー画面
アセスメントサマリー画面

SQL改修:実行エラーになったSQLを改修、テスト

Test Reportで実行できなかったSQLをドリルダウンし、GUI上でSQLを変更しそのまま実行してエラーの修正ができます

▼SQL詳細画面
SQL詳細画面

Insight Database Testingの使用の流れ

  1. ソースDBのSQLを取得[ SQL Capture機能 ]
  2. 評価SQLセットを作成:ターゲットDBで実行したいSQLのセットを、取得したSQLから作成
  3. ターゲットDBの選択
  4. アセスメントの実行:評価SQLセットをターゲットDBで実行[ SQL Test機能 ]
  5. 実行結果の確認:実行できたSQL の数、実行エラーになったSQL、遅くなったSQLを一覧で表示
  6. SQLの詳細確認と実行:アセスメントサマリーの画面からドリルダウンし、SQLの詳細画面に遷移。
    SQLの編集と実行、および実行したSQLを保存[ SQL 改修機能 ]

SQL Test〜SQL改修までのデモ動画

Insight Database Testingのアーキテクチャ

Insight Database Testingのアーキテクチャ
  • PISO Target: ソースDBからSQLを取得
  • IDT Manager:取得したSQLから評価SQLセットを作成し、ターゲットDBでSQLを移行

対応環境

ソースDB Oracle Database / Microsoft SQL Server / PostgreSQL / MySQL
ターゲットDB Oracle Database / Microsoft SQL Server / PostgreSQL / MySQL
※ 対応 OS および DB に関する詳細情報は、お問い合わせください。
マネジメントサーバー(IDT Manager) VMware ESXiで動作する仮想アプライアンス
vCPU 4コア~
メモリ 8GB
ディスク 64GB〜
お勧め情報
イベント
「ニューノーマル時代こそデータドリブン! 」 2011年から始まり、データベース...
イベント・セミナー ウェビナー
事例
ビジネスが順調に拡大する中、ネットプロテクションズでは Oracle Datab...
データ統合
ホワイトペーパー
システムのオンプレミスからクラウド移行、レガシーシステムのモダナイゼーションな...
データ統合
ページトップへ