Insight Technology

よくあるご質問

Performance Insightのよくあるご質問

Q. Performance Insightの価格、ライセンス形態を教えて下さい。

A. ライセンス価格は、製品を導入するコンピュータに搭載されたプロセッサ(CPU)の総数で決定されます。複数ノードで構成されるコンピュータの場合は、製品が導入される特定のノードに対して割り当てられているプロセッサの総数が適用されます。
ただし、ご利用のOracle Database のEditionによっても一部課金体系が異なるため、詳しい価格についてはお問い合わせください。
https://www.insight-tec.com/contact/pi.html
*本製品のハードウェアパーティショニング環境におけるライセンス定義:
導入するパーティション毎にライセンスが必要となります。
*仮想環境におけるライセンス定義:
導入するゲスト OS 毎にライセンスが必要となります。

Q. 対応しているOS、データベースのバージョンを教えてください。

A. Performance Insight 8以降で対応しているOS、データベース環境は、以下のページからご覧いただけます。
https://support.insight-tec.com/product/pi/oslist.html

Q. Performance Insight の販売代理店はありますか?

A. 現在以下5社の販売代理店にPerformance Insightをお取り扱い頂いております。
以下のパートナーページをご覧ください。
https://www.insight-tec.com/partner/

Q. Performance Insightのトライアルやデモを希望しています。

A. ご希望の方には、全ての製品機能が使用できる14日間の無料トライアル、デモをご提供しております。実際のインストール環境についてお伺いしますため、まずは以下のお問い合わせからご連絡下さい。
https://www.insight-tec.com/contact/pi.html

Q. Performance Insight は今までどのような業界で利用されていますか?

A. 情報・通信業、電気機器を中心に公共機関や銀行などミッションクリティカルなシステムでも利用されています。
[業種別導入比率]
業種別導入比率

Q. Performance Insightの保守期限について教えてください。

A. 各バージョンと製品サポート期間については以下のページをご覧ください。
https://www.insight-tec.com/support/pi_suplevel.html

Q. インストールにあたって必要なリソースや注意・制約事項はありますか?

A. PU/Memory:Oracle Database推奨サイズであればご利用いただけます。
また、DISKには以下の要件が必要になります。
<小・中規模サーバ:約1GB(製品導入用)>
インスタンス毎 初期導入時必要サイズ:
テーブルスペース 1GB
ファイルシステム上領域 約 80MB~
蓄積データサイズ:約15MB/月 (ファイルシステム上)

<大規模サーバ:約2.1GB(製品導入用)>
インスタンス毎 初期導入時必要サイズ:
テーブルスペース 2000MB
ファイルシステム上領域 約 100MB~
蓄積データサイズ:約30MB/月 (ファイルシステム上)

Q. 他のデータベース性能管理製品とはどのような機能差がありますか?

A. Performance Insightは他社製品に比べ、実際の運用者に寄り添った分析レポートの作成、可視化に長けており、独自のデータベースの自己診断エンジンを持っています。
詳しい比較が必要な場合はお問い合わせください。
https://www.insight-tec.com/contact/pi.html

機能 機能詳細 Performance Insight A社 B社
分析レポート 性能問題を特定する分析レポート生成(日次)
稼動実績レポート OS/Oracleの統計データを報告(日次、週次、月次、任意期間)
自動ワークロード・リポジトリ(AWR) データベースの統計情報を自動的に取得
Automatic Database Diagnostic Monitor (ADDM) データベースの自己診断エンジン
(独自分析)
パフォーマンス・モニタリング データベースおよびサーバーのパフォーマンス情報の参照
可用性、メトリックの履歴の参照 可用性、メトリックの履歴・傾向データの参照
イベント監視 アラートの参照、アラートの詳細メッセージの参照、アラート履歴の参照
イベント通知 発生したイベントの通知方法、ルール、スケジュールの設定
ブラックアウト 計画停止時間の設定
Q. インストールにどのくらい時間がかかりますか?

A. Oracleデータベースを停止する必要はなく、インストール自体は2分で完了します。
各データベースサーバにエージェントを入れ、マネージャサーバを準備する手間はありません。
本番システムへの導入期間は2週間〜1ヶ月程度です。

Q. どのような監視項目がありますか?

A. 監視対象のカテゴリは以下の通りです。100項目以上の監視情報を取得しています。

Sanity_Check Oracleの稼動基本情報を監視するカテゴリ
Area_Space トラブルのきっかけとなる領域的な問題を監視するカテゴリ
Buffer_Space Oracleのデータベースバッファ関連を集約して監視するカテゴリ
Heavy_SQL 負荷の高いSQLを調査する監視カテゴリ
Proactive_Check トラブルを未然に防ぐ監視カテゴリ
Process_Check サイトで重要なプロセスを監視するカテゴリ
Wait_Events Oracleの待ちの原因となる要素を特定する監視カテゴリ
Package_Statistics PackageやProcedureの実行状況分析を行う監視カテゴリ
Snapshot_Error Oracleの機能であるスナップショットやレプリケーションを監視するカテゴリ
System_Events 各種ログファイルのメッセージを検出するための監視カテゴリ
System_Resource システム・リソース全般の監視するカテゴリ
Security システムへの不正アクセスの可能性のあるものを監視するカテゴリ
Q. 導入はインサイトテクノロジーでも行われていますか。また、構築時にサポートは受けられますか?

A. 導入にあたっては、弊社でもサポートしております。

ページトップへ