Insight Technology

2022.09.06

【10/5(水)|AWS ×NTTデータ協力】ビジネスを成長させるためのDBマイグレーションを加速せよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

DX推進への機運の高まりに伴い、ベンダーロックインからの回避、コスト削減、マネージドデータベースを利用することによるシステムの機動力や運用性の向上、などを目的に、データベース移行のニーズが高まっています。

一方で、システムで要求される事項によっては、DBマイグレーション計画に慎重な判断が求められるケースもあり、移行の実現性の評価や、移行タスクにおけるコスト最適化など、有識者の知見が必要となる場面も少なくありません。


本ウェビナーでは Amazon Aurora をはじめとした、AWS が提供するマネージドデータベースの最新状況をお伝えしつつ、最適なデータベースの選定から移行・導入までを一気通貫で行うプロフェッショナルサービス「あすぽす」と、移行アセスメントやアプリケーション改修後の同値試験を効率化するソリューションを紹介します。

ご登録はこちら

概要

日時2022年10月5日(水)午後15:30 – 17:30
形式オンラインセミナー
参加費無料
主催株式会社インサイトテクノロジー
協力アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社、 株式会社NTTデータ
定員500名(zoom定員)
申込締め切り2022年10月5日(水)午後15:00

タイムスケジュール

15:30〜15:50セッション1
事例から見る商用データベース移行の最新トレンドと AWS サービス活用のポイント

顧客や市場の変化に素早く、柔軟に対応し、企業の競争力を高めていくうえで、データ管理の中核を担うデータベースのクラウドシフトは、多くの企業にとって重要な課題となっています。本セッションでは、AWS のデータベースに対するアプローチをはじめ、最新事例から見る移行のトレンドや、移行の各フェーズにおける AWS サービスの活用方法についてご紹介します。



吉田 成利 氏


吉田 成利 氏
アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
ISV パートナー本部 データベースパートナーソリューションアーキテクト

15:50〜16:20セッション2
DB移行のあらゆる困りごとを解決! NTTデータのプロフェッショナルサービス「あすぽす」

DBの維持費を下げたい、クラウドのDBaaSを利用したい、よりシステムにマッチしたDBを使いたい、といった理由からDB移行を検討するシステムはとても多くなっています。
しかし実際のDB移行は決して簡単ではありません。
NTTデータでは、多数の案件実績のノウハウを基に、DB移行のあらゆる技術課題を解決する支援サービス「あすぽす™」を提供しています。



小池 優香 氏


小池 優香 氏
NTTデータ
技術革新統括本部 システム技術本部 技術戦略部

16:20〜17:05セッション3
DB移行のコストを下げる! 同値確認試験のテクニック

実はデータベース移行のコストの大半は試験コストです。移行前後のDBの動作結果が同じであることを確認するのは、想像よりかなり難しいのです。
インサイトテクノロジー社は2つのDBでのクエリ結果を効率よく比較できるツールInsight Data Testingを開発しました。
Insight Data Testingの検証を通じて確認した、同値確認試験のコストを下げるテクニックを解説します。



薄 浩之 氏


薄 浩之 氏
NTTデータ
技術革新統括本部 システム技術本部 技術戦略部

17:05〜17:25セッション4
Insight Database Testingで実現するSQL互換性確認の効率化

異種DBへのマイグレーションを語るうえで、SQLの互換性確認は欠かせません。
Insight Database TestingではSQLの互換性について、単にSQLが実行できるか否かを確認するだけではなく、機能的、性能的な要件を満たせるかを確認する仕組みを備えています。
本セッションでは、Insight Database Testingの機能の詳細を、事例も交えながら紹介いたします。



松尾 拓真


松尾 拓真
株式会社インサイトテクノロジー
プロダクトマネジメント本部 データガバナンス部 部長

17:25〜17:30Q&A

お問い合わせ先・お申し込み

ページトップへ