Insight Technology

2021.08.23

【AWS共催】RDS Auroraバージョンアップ対策の自動化ソリューション

このエントリーをはてなブックマークに追加

AWSから提供されるフルマネージドデータベースを利用するユーザーが増えるにつれて、その強力なメリットを享受するとともに運用上の課題も浮き彫りになってきました。

それはデータベースのバージョンアップ対策です。オンプレのデータベースとは異なり、ある一定期間を過ぎると、 データベースバージョンのEOLが計画され強制的なバージョンアップの対象となるためユーザーはこれまで以上により綿密な準備が求められます。

本Webinarではフルマネージドデータベースの代表格であるRDS/Auroraの最新の状況をお伝えしつつ、バージョンアップ対策をより効率化するためのソリューションをご紹介します。

■Webinarシリーズ第2回も開催!
【AWS共催】異種DB連携×データ保護×リアルタイムを実現するAWS分析基盤構築のすすめはこちらからご登録ください。

概要

日時 2021年9月14日12:00 - 12:50
参加費 無料
場所 ウェビナー(Zoom)
主催 株式会社インサイトテクノロジー

タイムスケジュール

12:00 - 12:50 Session1
Amazon RDS/Aurora 技術情報アップデート

AWS が提供するマネージドデータベース Amazon RDS/Aurora では、日々たくさんの機能拡張が行われており、過去一年間においても 140 以上のアップデートがありました。
本セッションではここ一年の重要なアップデートを振り返り、ユースケースや利用におけるポイントをご紹介します。
また、Amazon RDS/Aurora をもっと活用するために、押さえていただきたい設計・運用のポイントについてもお伝えします。

登壇者
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
ISV パートナー本部 データベースパートナーソリューションアーキテクト
吉田 成利 氏



Session2
SQLテストでRDSのEOLに備えよ!

Amazon RDSでは定期的にエンジンバージョンの廃止が行われており、利用ユーザーは廃止される前にアップグレードを行っていくことが求められます。
DBのバージョンアップに備えるということはこれまでと変わりませんが、これまでのオンプレのDBと異なり、スケジュール調整の自由度が少ないため、より計画的な準備が求められます。
今回のWebinarでは、SQLテストを行うツールInsight Database Testingを活用し、RDSのバージョンアップに備える方法について紹介いたします。

登壇者
株式会社インサイトテクノロジー
プロダクト開発本部 副本部長
松尾 拓真

諸注意

以下のリンク先にあるzoomフォームからお申し込み下さい。

お問い合わせ先・お申し込み

終了しました。

ページトップへ
DB TECH SHOWCASE テックギークに贈る、データテックカーニバル! 2021.11.17[WED]-19[FRI]/ONLINEDB TECH SHOWCASE テックギークに贈る、データテックカーニバル! 2021.11.17[WED]-19[FRI]/ONLINE