UNDO

<UNDOに関する検証その8> ペンネーム:クレイジーボーダー 今回も、大量処理を実行した時にUNDO表領域のサイズの違いによって影響し てくるパフォーマンスやスループットについて引き続き検証していく。前回 と同様にUN

<UNDOに関する検証その7> ペンネーム:クレイジーボーダー 先週は、フラッシュバックを行なうためのデータを保存する期間という観点 から、UNDO情報を保存するのに必要な領域を統計情報を基に算出した。 今回はバッチ処理

<UNDOに関する検証その6> ペンネーム:クレイジーボーダー 先週は、UNDO情報を保存するのに必要な領域を、統計情報を基に下記の式から 算出した。結果は、UNDO表領域のサイズが非常に問題となる可能性があるとい うこ

<UNDOに関する検証その5> ペンネーム:クレイジーボーダー 前回は、UNDO表領域を変更する際の注意点を説明した。 さて、今回はUNDO情報を保存するのに必要な領域の算出方法からその問題点、 また逆に、ディスクのサイ

<UNDOに関する検証その4> ペンネーム:クレイジーボーダー 前回は、UNDO表領域の削除を行った。UNDO_RETENTIONで設定した期間内でも UNDO表領域が削除でき、フラッシュバック問合せができなくなった。

<UNDOに関する検証その3> ペンネーム:クレイジーボーダー 前回は、UNDO表領域の切替えを行った。UNDO表領域変更中に実行されていた トランザクションは、引き続き変更前のUNDO表領域を使用する。また、その UN

<UNDOに関する検証その2> ペンネーム:クレイジーボーダー 前回は、UNDOデータ管理の概要説明と自動UNDO管理機能を使用するために 必要なUNDO表領域を作成した。今回は、前回作成したUNDO表領域を実際に 使っ

<UNDOに関する検証その1> ペンネーム:クレイジーボーダー 初めてメルマガを書く。胸が痛い。緊張ではない。ただ、スノーボード中、 レールから落下したケガが3週間たっても直らない・・・まあ、そんなことは いいとして、2