ロック

~ロックに関する検証 その9 最終回~ ペンネーム ちゃむ 前回は、ビットマップ・インデックスの構造を理解した上で、ビットマップ・ インデックスが作成してあるテーブルの、ロックの範囲に関して検証した。 気持ち的には、ビッ

~ロックに関する検証 その8~ ペンネーム ちゃむ 前回は、ビットマップ・インデックスの構造をDUMPを用いて説明した。 今回は、ビットマップ・インデックスの構造を理解した上で、ビットマップ・ インデックスが作成してある

~ロックに関する検証 その7~ ペンネーム ちゃむ 前回は、ビットマップ・インデックスの構造の詳細に迫ってみた。 今回は、BLOCK DUMPによりビットマップ・インデックスの構造をさらに詳細に 見ていこう。この構造が分

~ロックに関する検証 その6~ ペンネーム ちゃむ 前回は、ビットマップ・インデックスの構造の概要を説明した。 今回は、ビットマップ・インデックスの構造の詳細をさらに見ていこう。 前回使用したカーディナリティ4のビットマ

~ロックに関する検証 その5~ ペンネーム ちゃむ 前回は、インデックスが作成してあるテーブルに対して更新処理を行ったとき の、トランザクションロックに関しての検証を行った。 今回からは、ビットマップ・インデックスを作成

~ロックに関する検証 その4~ ペンネーム ちゃむ 前回は、トランザクションロックに関しての検証を行った。 今回は、インデックスが作成してあるテーブルに対して更新処理を行ったとき の、トランザクションロックに関しての検証

~ロックに関する検証 その3~ ペンネーム ちゃむ 前回は、ロックが悪さをする場合について説明した。 今回は、トランザクションロックに関して検証を行う。 検証には、以下のテーブル a を使用する。 maxtransという

~ロックに関する検証 その2~ ペンネーム ちゃむ 前回は、ロックの重要性などを説明した。 今回は、ロックが悪さをする場合について説明しようと思う。 悪さというと少し語弊があるかもしれないが、例えば、以下のように行ロック

~ロックに関する検証 その1~ ペンネーム ちゃむ 今回からロックに関する検証を行なう。 例えば、EMP表のデータをUPDATEしたときCOMMITするまで、そのUPDATEしたデー タが他のユーザーに変更されないように