フラッシュバッククエリー

~フラッシュバッククエリーに関する検証 その4 ~ ペンネーム ちゃむ 前回は、フラッシュバッククエリーで実際に1時間前のデータを取得できる様子 を示した。但し、データをテーブルなどに格納しようとすると、以下のように、

~フラッシュバッククエリーに関する検証 その3 ~ ペンネーム ちゃむ 前回は、フラッシュバッククエリーを使用するための初期化パラメータの設定 方法と初期化パラメータの設定自体の設定の注意点を説明した。本来であれば、 u

~フラッシュバッククエリーに関する検証 その2 ~ ペンネーム ちゃむ 前回はdbms_flashback権限を与えるところを説明したが、この機能は、UNDO_で 始まる初期化パラメータの設定がおおいに関係する。ここでは