Insight Technology

Insight Asir

インサイトテクノロジーが提供するAI・機械学習サービス

Insight Data Forecaster とは?

Insight Data Forecasterは過去データを元に様々な影響あるパラメータを考慮した上で、様々な予測ロジックに対応した予測モジュールです。

Insight Data Forecasterに含まれる機能・コンポーネント

データ取り込みIF
様々な入出力インターフェースへ対応(ファイル、DB、API)
予測実行エンジン
分析モデルも複数対応(勾配ブースティング、ニューラルネット、リッジ回帰、アンサンブル学習等)
予測ハイパーパラメータ
予測設定のパラメータ

アルゴリズムの特徴

このアルゴリズムの特徴としては以下のことが挙げられます。

  • 教師あり学習であり、予測値に影響の与える関連パラメータ情報を考慮した予測を実行できる
  • 直近の予測だけでなく将来に向けた傾向を提示することも可能
  • 予測実行エンジンやハイパーパラメータ選択をソースコード修正の必要なく可能(ハイパーパラメータチューニング、特徴量選択の自動化)

Insight Data Forecaster で実現できること

来客数予測
在庫、発注ロスの削減
需要予測
マーケティングキャンペーンの最適化
長期間の傾向予測
設備劣化、故障時期の把握

Insight Data Forecaster 導入事例

導入事例1
来客者数予測を脱"属人化"!

● 課題:経験を頼りにした予測では、発注・仕込みが外れることで廃棄ロスが起こり、利益圧迫していた

明日は何人が来店し、どのメニューを頼まれるのか?生鮮食品を在庫に持つ飲食店では、店舗責任者の経験を頼りに発注・仕込みを行うことが不可欠でした。

しかし経験頼みの予測は再現性も低く、予測が外れると多くの無駄が生じてしまい、利益圧迫につながります。機会損失と廃棄ロスの両方の観点から、精度高く予測できる標準的な仕組みが求められていました。
高精度な予測のためにデータを分析するには多くの時間がかかります。店舗責任者やスタッフが接客や商品開発に時間を割くためには、売り上げ管理と分析の手間を減らす必要がありました。

● 解決策:Insight Data Forecaster を導入

廃棄ロスを減らし利益率向上
分析データを使い、勤務表の作成や長期的な売上目標の策定も

機械学習を応用し、気象データやPCサイトへのアクセス数、過去の売り上げ実績などから翌日の来客者数を予測することが可能になりました。
Insight Data Forecasterにより、過去データを元に様々なパラメータや傾向を考慮した上で、将来の来客数の予測を実現。日々蓄積され膨大になっていくデータも、短時間で処理することができます。

インサイトテクノロジーが開発した予測エンジンにより
過去データを元に予測的中率 95%を実現!

2018年11月からEBILAB様にてサービス提供されている来客予測AIのエンジンとしてInsight Data Forecasterをご提供させていただいています。

ゑびや大食堂様では、95%を超える精度を安定して予測できております。また、EBILAB様より外販させていただいた他の店舗様においても同様の精度を実現できるため、非常にご好評をいただいております

サービス開始時には翌日・1週間だった予測期間も、現場の声を活かし、更に長期間の予測が可能に。発注量の最適化だけでなく、勤務表の作成や長期的な売上目標の策定にも利用されています。

ページトップへ