Insight Technology

Insight Data Masking

開発、分析、クラウド移行のための高性能マスキングツール

Insight Data Maskingの特長

Insight Data Maskingは、データのユニーク性、参照性整合性などのデータの論理的特性と、データの種類・分布などのデータの統計的特性を維持したままマスキングすることが可能です。つまり本番データと全く同様の機能テスト・性能テストをマスキングデータで行うことが可能になります。また数字、英字、記号、日本語などの文字種別を自動判別可能で、様々なケースに柔軟に対応可能です。

PK、FK、整合性、カーディナリティなどの図

Insight Data Maskingが解決すること

・テストデータマネージメント(テストデータ作成)

本番データと同等のマスキングデータを作成することが可能です。本番環境でのデータ対応不備の防止、性能評価に利用可能なテストデータとして開発サイクルの効率化に貢献します。

テストデータマネージメント(テストデータ作成)

・分析データマネージメント

データ分析の民主化として、ビジネスユーザーの誰もが重要なデータにアクセスし分析を行う、データの活用の取り組みが進んでいます。一方で情報漏えいなどのセキュリティ事故が発生しており、個人情報などの機密情報のマスキングは必要不可欠です。
マスキングデータ作成のフローの自動化により、セキュリティリスクを最小限に抑えたまま、瞬時に分析用データを作成できます。

分析データマネージメント

・データのクラウド移行

システムの運用コストの軽減やリソースの柔軟な拡張を求めて、オンプレからクラウドへの環境移行が盛んに行われています。その際、多くのユーザが苦労するのが事前の環境検証(PoC)における本番データの移行(外部へのデータの持ち出し)です。データ持ち出し時のセキュリティの担保、移行元と同等のマスキングデータにより機能面でのテスト、性能評価を行うことができ、クラウド移行準備の工数削減に貢献します。

データのクラウド移行

Insight Data Maskingの提供形態

Insight Data Maskingはソースデータベースから抽出し、ターゲットデータベースへデータをマスキングした上でロードするデータベースコネクター版とETLなどのツールにInsight Data Maskingをプラグインして、ツールと連動してマスキングを行う、外部ツール連携版の2種類の提供形態があります。また直接CSVにマスキング処理を行うことも可能です。

       
DB to DB-File to File
外部ツール連携版
ページトップへ