Insight Technology

Insight Data Masking

開発、分析、クラウド移行のための高性能マスキングツール

Insight Data Maskingの特長

個人情報等の機密情報の自動抽出機能によるプロセスの改善

Insight Data Masking は、従来のマスキングデータ作成で課題となるデータの事前調査(対象データに含まれる機密情報の確認)、アルゴリズム検討等の設計にかかる作業を、AIエンジン(Insight Asir)によるデータ解析で対象項目の自動抽出、アルゴリズム推奨機能により大幅に軽減します。

データマスキングの期間/コストの削減

ユニーク性・整合性を保証

Insight Data Maskingは、データのユニーク性、参照性整合性などのデータの論理的特性と、データの種類・分布などのデータの統計的特性を維持したままマスキングすることが可能です。つまり本番データと全く同様の機能テスト・性能テストをマスキングデータで行うことが可能になります。また数字、英字、記号、日本語などの文字種別を自動判別可能で、様々なケースに柔軟に対応可能です。

PK、FK、整合性、カーディナリティなどの図

Insight Data Maskingが解決すること

・テストデータマネージメント(テストデータ作成)

本番データと同等のマスキングデータを作成することが可能です。本番環境でのデータ対応不備の防止、性能評価に利用可能なテストデータとして開発サイクルの効率化に貢献します。

テストデータマネージメント(テストデータ作成)

・分析データマネージメント

データ分析の民主化として、ビジネスユーザーの誰もが重要なデータにアクセスし分析を行う、データの活用の取り組みが進んでいます。一方で情報漏えいなどのセキュリティ事故が発生しており、個人情報などの機密情報のマスキングは必要不可欠です。
マスキングデータ作成のフローの自動化により、セキュリティリスクを最小限に抑えたまま、瞬時に分析用データを作成できます。

分析データマネージメント

・データのクラウド移行

システムの運用コストの軽減やリソースの柔軟な拡張を求めて、オンプレからクラウドへの環境移行が盛んに行われています。その際、多くのユーザが苦労するのが事前の環境検証(PoC)における本番データの移行(外部へのデータの持ち出し)です。データ持ち出し時のセキュリティの担保、移行元と同等のマスキングデータにより機能面でのテスト、性能評価を行うことができ、クラウド移行準備の工数削減に貢献します。

データのクラウド移行

Insight Data Maskingの提供形態

Insight Data Masking のご提供形態は以下の3つをご用意しております。

TYPE
01
ファイルへのマスキング

ファイルへのマスキング

データベース、汎用機などから抽出したCSVファイルをマスキングします。
ファイルサーバや、AWS S3 上で管理されたファイルも連携が可能です。

TYPE
02
データベースへのマスキング

データベースへの
マスキング

ソース環境から複製されたデータベースに対して、データベース内でデータを直接マスキングします。(In-Place処理)

TYPE
03
異なるデータソース間でのマスキング

異なるデータソース間でのマスキング

Qlik Replicateへのアドオンプログラムにより、リアルタイムにデータをマスキングすることが可能です。
(Qlik Replicate Masking Option)

ページトップへ
最新ニュースをお届けします! インサイトテクノロジー公式メールマガジンを
ご購読いただき、お役立ち情報をお受け取りください。
メールマガジンを購読する