Insight Technology

Delphix

迅速な開発とテストを支援するためのデータベース仮想化ソリューション

Delphixのデータ仮想化機能の特徴

Delphixは、テスト用の仮想DBを作成することによって、ソースDBに影響を与えることなく、データを利用することができます。さらに、各仮想DBへ、任意にアクセス件を設定できるため、テストチーム全員で1つの仮想DBにアクセスすることはもとより、テスター毎に仮想DBを分けて個別にアクセスすることもできます。この機能を利用することで、仮想DBを検索用途とすることで、ソースDBに影響を与えることなく、自由に様々な分析やシミュレーションを実施することも可能になります。

Delphixの基本機能について

データ配布を効率化

データ配布を効率化

テストデータの作成や本番環境への適用などにおけるデータの物理コピーの作成は、手作業に頼る部分が多く、時間と労力を伴います。場合によってはスクリプトの作成や管理者への連絡などで完了までに数日から数週間かかる場合もあります。Delphixのデータ仮想化機能を活用すればデータのプロビジョニングを効率化・自動化することが可能であり、十数分で最新データをお望みの環境にデプロイすることができます。

コピーされたデータによる冗長性を排除

コピーされたデータによる冗長性を排除

アプリケーション開発においてデータは必要不可欠です。しかし、テストの際に本番データをコピーするとストレージコストの課題がつきまといます。多くのプロジェクトではデータのコピーを繰り返しており、90%は重複データと言われています。Delphixのデータ仮想化機能は、本番データを一つの圧縮されたデータのコピーとして保持し、仮想コピーを作成します。この仮想コピー技術により、少ない容量で複数のデータをデプロイすることが可能になります。

ストレージコストを削減しデータロスを防止

ストレージコストを削減しデータロスを防止

Delphixのデータ仮想化機能は、随時行われるデータの変更をトランザクションレベルでキャプチャーし、データ全体にわたるタイムマシンを作成します。データの差分のみをインテリジェントに処理することでDelphixはデータの取り込み量を飛躍的に削減します。管理者は小さい空き容量に大量のデータを保存し、任意の時点でデータを迅速にプロビジョニングすることができます。Delphixは仮想コピーに加えられたすべての変更の追跡も行うため、開発者はデータのバージョン管理を行うことができます。

開発者がセルフサービスでデータを生成

開発者がセルフサービスでデータを生成

Delphixのデータ仮想化機能は、革新的なセルフサービス管理機能を開発チームにもたらします。例えば、仮想データセットをすばやくブックマーク、リセット、同期、分岐などをセルフサービスで実施するためのインターフェースが提供されます。Delphixは、REST APIも備えているため、既存のDevOpsツールやDevOpsワークフローと統合することも容易にできます。

ガバナンス強化のためのフレームワークを構築

ガバナンス強化のためのフレームワークを構築

Delphixのデータ仮想化機能は、セルフサービスデータ管理を可能にするほか、データガバナンスを飛躍的に向上させます。管理者は集中管理されたインターフェースから簡単にユーザー権限を指定したり、ロールベースのアクセス制御を設定したり、リテンションポリシーを管理したりすることが可能です。

データセンター間、クラウド間で効率的にデータを移動

データセンター間、クラウド間で効率的にデータを移動

Delphixのデータ仮想化機能は、オンプレミスまたはクラウドでサポート対象の任意のハイパーバイザーに仮想マシンとしてインストールします。情報システム部門は異なる環境においてデータをレプリケートできるため、開発環境から本番環境への適用やその逆、ディザスタリカバリのときにセカンダリシステムへ迅速にフェールオーバーなどを容易に行えます。同じデータをすばやくプロビジョニングできるため、環境に縛られない柔軟な運用ができるためクラウドリソースやデータセンター全体の消費効率を高めます。Delphix間の同期は、Delphixで管理されている差分データブロックのみを送信します。この機構により、オンプレミスとクラウド間でも限られたネットワーク帯域で同期をとる事が可能です。

Delphixの主要機能

データ管理者向け
  • 現在、圧縮と仮想化によって軽量な仮想コピーを作成し、ソースデータとの継続的な同期を実現
  • タスクの自動化によって手作業による対応や負担を低減
  • クラウドへの移行やバックアップ /DRのためのデータを容易にレプリケーションして移動することが可能
  • 作成済みの仮想コピーの利用ユーザーの横断的な確認と管理が可能
データ利用者向け
  • 重要な変更やビジネスイベントをブックマークして後でその時点まで戻ることが可能
  • ソースコードと同じようにデータソースのバージョンを管理
  • 仮想コピーをいつでもリフレッシュして最新の業務データ入手を実現
  • 特定の変更時点、ブックマーク、さらに特定時点まで遡ってデータをリストアすることが可能
  • 共同作業を目的としたデータのブランチコピーの作成
  • チーム内、またはチーム間でコピーデータを共有
お勧め情報
イベント
「ニューノーマル時代こそデータドリブン! 」 2011年から始まり、データベース...
イベント・セミナー ウェビナー
事例
アプリケーションを支えているのはデータです。物理法則に例えると、データは質量が...
データベース仮想化
問題解決
2025年の崖を乗り越えるために、インサイトテクノロジーが提供できるデータ活用の...
ディザスタリカバリ データベース管理
問題解決
昨今のあまりにも激しく素早いビジネス変化の時代では、データ活用に取り組むことは、...
データベース仮想化 データ統合
ホワイトペーパー
イノベーションのスピードで、今日のデータエコノミーにおける勝者が決まります。企業...
データベース仮想化
エンジニアブログ
データをDBにインポートすること自体は難しいことはありません。しかしながら、デ...
ページトップへ