Insight Technology

Dbvisit Standby

Oracleデータベース向けのDR(災害対策)ソリューション

Dbvisit Standbyの機能と特徴

GUI搭載

全画面日本語対応による、直感的な操作が可能なインターフェースを搭載。DBA以外のスタッフの方でも運用を可能にします。

簡単なインストール手順

対話式のわかりやすいインストール手順で短時間で導入が可能です。最短3週間で作業は完了します。

自動フェイルオーバー機能搭載

災害発生時に数分で自動的にスタンバイデータベースにフェイルオーバーが可能です。また手動モードの選択も可能であり、様々な災害発生時のケースを想定した対策が可能です。

セキュリティに配慮したネットワークアーキテクチャ

本番、DR環境間の通信を暗号化されており、情報漏洩のリスクを最小化することができます。

DR環境の有効活用を実現するDbvisit Standby Snapshot Database機能

Dbvisit Standby Snapshot Database機能はある特定時点でのスタンバイDB(またはカスケードスタンバイ)のsnapshotを作成することで、本番DBを瞬時にコピーできる機能です。一定間隔で継続的にSnapshotを取得し続けるReporting Replicasと1回のみの取得を行うTest・Dev Snapshotの2つのモードが選択可能です。Snapshot機能を導入することによって、本番DBに影響を与えることなく、インフラのコストの増加を押さえつつ、スタンバイDB環境の活用シーンを拡大します。
*本機能はLinux限定の機能ですが、カスケードスタンバイ構成を用いた方法でDR環境を利用することも可能です。

Dbvisit Standby Snapshot Database機能

カスケードスタンバイ構成を用いた場合

PDB(プラガブル・データベース)もサポート

Amazon EC2でのDR対策にも

EC2ではRDSのようなマルチAZでのフェイルオーバーサービスは提供されておりません。Dbvisit Standbyならば、Amazon EC2 上のOracleでもOracle Data Guardと同等な機能(フェイルオーバー、スイッチオーバー)が実現でき、さらに、Dbvisit ならではの高度な機能(圧縮、モニタリング、アーカイブログ転送時の暗号化など)も利用できます。

  • Amazon RDSへの移行が難しい場合は、Amazon EC2 上にOracleを移行する方法がありますが、RDSのようなフェイルオーバーサービスは提供されないので、代替ソリューションが必要になります。
  • Dbvisit Standbyならば、EC2上であっても、Oracle Data Guardと同等な機能(フェイルオーバー、スイッチオーバー)が実現でき、さらに、Dbvisit ならではの高度な機能(圧縮、モニタリング、アーカイブログ転送時の暗号化など)も利用できます。

DRだけじゃない!豊富な機能

  • シームレスな操作でスタンバイデータベースを作成
  • ワンクリックで可能なアーカイブログ転送、適用やログギャップの確認
  • プライマリ、スタンバイのアーカイブログ削除機能
  • メール通知による監視
  • アーカイブログ転送・適用のスケジューリング機能
  • リモートからも実行可能なフェイルオーバー
  • カスケードスタンバイ構成(スタンバイデータベースから2つ目のスタンバイデータベースを作成)による、スタンバイデータベースの有効活用(参照、開発用など)
  • アーカイブログ適用遅延の設定で論理障害にも対応可能
  • アーカイブログ消失時に利用できる、再同期機能
  • サポートへの問合せに便利な、Support Package作成機能

お客様による導入事例

VOICE
01

当初、セブンイレブン・フィリピンではOracle Data Guardを検討していました。在庫管理システムは、Oracle Standard Editionで運用されており、Oracle Data Guardを使用するには別途Enterprise Editionライセンス購入が必要となり、6倍ものライセンス費用がかかることが判明。そこで、Dbvisit Standbyを導入することで80%以上ものコスト削減を実現しました。

セブンイレブン・フィリピン様

VOICE
02

操作が簡単なところがよかったです。検討事の製品検証はサポートなしに簡単にインストール・構築ができました。また、プライマリデータベースとスタンバイ・データベースの構成を1対1ではなく、1対多で簡単に構築できる点が評価できます。Oracle Data Guard構成よりも簡単且つ、運用しやすいため、DBAとしての業務負担を軽減できました。

古舘 昌伸氏 技術本部 ネットワーク管理部
NTTぷらら様

VOICE
03

実際に災害が起きた場合でも、システムがきちんと作動すると我々は100%確信しています。継続的に動作確認や検証することも容易でした。緊急事態での復旧を考慮しているお客様に対して、我々Pythian社は喜んでDbvisit Standby を推奨します。

ゴルバチェフ氏 CTO Pythian様

対応環境

Oracle Database 10gR2 - 19c (64bit version)
Oracle Edition ・Oracle Enterprise Edition
・Oracle Standard Edition (SE, SE1 & SE2)
・Oracle Express Edition
Storage ASM、F/S
Operation System ・Windows : 2008 (64bit) 以上
・Linux : Intel & AMD (64bit)
・Unix : AIX, Solaris ※Ver10近日対応予定

※クラウドにも対応可能(Oracle Cloud, AWS EC2, Azure)
※Dbvisit Standby Snapshot Database機能をご利用の際は以下の環境を推奨: Linux Only / 要Logical Volume Manager(LVM/LVM2) /
File System Format: ext3 or ext4/十分な Volume Group(VG) のサイズを確保/高速 Disk

Dbvisit Standbyは、Oracle Database Appliance(ODA)の推奨商品です。

お勧め情報
事例
フィリピン国内にはセブンイレブンが1,000店舗以上あり、人口9,900万人が...
ディザスタリカバリ
問題解決
2025年の崖を乗り越えるために、インサイトテクノロジーが提供できるデータ活用の...
ディザスタリカバリ データベース管理
ホワイトペーパー
Dbvisit Standby Snapshot Groupsを実行する際、ス...
ディザスタリカバリ
ページトップへ
DB TECH SHOWCASE テックギークに贈る、データテックカーニバル! 2021.11.17[WED]-19[FRI]/ONLINEDB TECH SHOWCASE テックギークに贈る、データテックカーニバル! 2021.11.17[WED]-19[FRI]/ONLINE