[eBook] Oracle DataGuard入門 – インサイトテクノロジー社員によるディープな技術検証 –

Oracle DataGuardについて、その基本構成、セットアップ方法、スイッチオーバー、Flashback、管理方法などを紹介する全4回の連載を1冊にまとめました。

Oracle DataGuardとは・・・

1 つ以上の Standby Database から構成されていてプライマリデータベース(稼動しているほう)から Standby Database へ REDO ログを転送 し、同期をとることで、可用性を高めるものです。DataGuard には、Physical Standby Database と Logical Standby Database の 2 つ の構成を利用することができます。Physical Standby と Logical Standby Database の違いを一言で書くなら、「物理構成を等しくするものが Physical Standby」 「論理構成を等しくするものが Logical Standby」という違いがあります。

Physical Standby 構成は、プライマリデータベースからアーカイブログを Standby へ転送し、リカバリする形で同期をとります。つまり、アーカイブログファイルを、 Standby Database にバックアップリカバリの仕組みを使って適用する形になりま す。Logical Standby 構成は、転送されたアーカイブログファイルを SQL 文に変換し変 換された SQL 文を実行することによってプライマリデータベースと同期をとります。