新製品「Log Mart」及びPISO 4.3を発表

ビッグログデータ時代に備えて、ログ管理インフラを強化

2012年3月12日、株式会社インサイトテクノロジー(以下、インサイトテクノロジー、本社:東京都渋谷
区恵比寿 代表取締役社長:小幡一郎)は本日、国内シェア4年連続No.1のデータベースセキュリティ製品
「PISO」のバージョン4.3及び、PISOと連携しログの圧縮、アーカイブ、レポーティングツールとなる新製品
「Log Mart」を発表しました。
一般的にログ取得製品を数年運用すると、蓄積データ量が数テラバイト超になることが想定され、
今後、検索性能の劣化や、運用効率の低下に頭を悩ませるお客様が増加するものと考えられます。
インサイトテクノロジーは、「Log Mart」と「PISO」を連携させることにより、ビッグデータ
クラスの膨大なログデータを管理するための強力なインフラストラクチャを提供します。
「Log Mart」を使用することによりログデータは圧縮されて蓄積され、これまでの約1/5のディ
スク使用量となります。また、PISO4.3の新機能により、保存期間をすぎたログデータのみを
対象に柔軟にログのメンテナンスが可能になりました。このことにより、ログ量が膨大になって
も、「PISO」では検索性能や運用効率を保てるようになりました。

Log Martの主な機能

・検索/追跡機能
収集したログの検索機能。フリーキーワードでの検索や”特定のデータベースユーザが実行した
SQLのみ抽出する”といった収集データ毎のフィルタリング検索が可能。

・集計機能
収集したログを集計する機能。”特定のデータベースユーザが1日に何回SQLを実行しているか”
“特定のテーブルに対して1ヶ月に何回アクセスがあるか” といった集計が可能。

・レポーティング
検索、集計したログデータをレポーティングする機能。
日次、週次、月次のように定期的に自動でレポート出力が可能。

PISO4.3の主な新機能

・データメンテナンス機能
保存期間を過ぎたログデータを柔軟にメンテナンスすることができる。

・ユーザインターフェースの改善
時間毎の警告数推移、ログ検索結果画面のインターフェースを、より見やすく使いやすいデザイン
に改善。

[White Paper] 2012年 PISOは追随を許さないほど進化する

2012年PISOは3段階進化します。Log Mart及びPISO4.3はその第1段階となります。
第2、第3の進化を少しだけご紹介します。
[email-download download_id=”39″ contact_form_id=”3″]

【PISO製品情報】
製品サイト: https://www.insight-tec.com/products/piso/index.html
製品導入事例: https://www.insight-tec.com/products/piso/piso-case-studies.html

【Log Mart製品情報】
製品サイト: https://www.insight-tec.com/products/piso/index.html#4

【お問い合わせ】
株式会社インサイトテクノロジー マーケティング本部
TEL: 03-5475-1450
フリーダイヤル: 0800-300-1310
E-MAIL: insight-mktg@insight-tec.co.jp

【インサイトテクノロジーについて】
株式会社インサイトテクノロジーは、データベースに特化したコンサルティングサービス、
ソフトウェア開発をしており、製品・サービスの採用実績は3,000社を超えています。
データベースセキュリティ製品「PISO」は国内2,300台以上に導入されており、4年連続
国内シェアNo.1を獲得しています。
またインサイトテクノロジーが主催するデータベース技術者向けシンポジウム「INSIGHT OUT」
には世界中からデータベースエキスパートが講師として参加し、毎年500名以上のデータベース
エンジニアが参加しています。