Insight Technology

2021.07.28

ホワイトペーパー紹介|今日のテストデータ管理における課題とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!インサイトテクノロジーマーケティング本部です。

今日のデジタル時代において、企業は他社より早いペースで質の高いアプリケーションをリリースするために、アジャイルやDevOpsなどの手法に積極的です。しかし、テストデータに対しては、積極的な投資を行う企業は少なく、アプリケーションの革新に向けた競争における足かせとなっています。かつては事務のひとつと見なされていたテストデータ管理(test data management:TDM)は企業の機敏性、セキュリティ、コスト効率性を実現するうえでの重要な成功要因となっています。

本日ご紹介するホワイトペーパーでは、調査会社によるアンケート結果を含め、テストデータを管理する際にIT企業が直面する主な課題を検討します。また、TDMアプローチにおける主な評価基準に焦点を当てて検討します。今までテストデータの管理に関して課題をお持ちの方は、ぜひご覧ください!

今日のテストデータにおける課題

1つ目の課題は、テスト環境のプロビジョニングが手動による、時間と手間のかかるプロセスとなっている点です。テストデータのコピーを作成するには多くの時間と労力を要するため、プロビジョニングには数日、あるいは数週間もかかることがよくあります。

次に、 開発チームは必要なテストデータにアクセスすることはできなく、信頼性の高いデータを得られない問題があります。例えば、リリースバージョンがテストされているか否かによって、開発者は特定の時点以降にデータセットを必要とするかもしれません。しかし、非常に多くの場合、開発者は環境を再読み込みするのが難しいため、古いデータのコピーでテスト作業することを強いられます。

また、データのマスキングによってリリースのサイクルが鈍化してしまう課題とストレージコストが上昇し続けている課題が挙げられます。企業はテストデータのコピーを複数、冗長に作成し、その結果としてストレージが非効率的に使用されているわけです。

テストデータ管理アプローチのための主な検討事項

これらのテストデータにおける一般的な課題に対処するため、IT企業は適切なツールと戦略を採用して、効率的に適切なデータを利用できるようにする必要があります。包括的なアプローチでは次の各分野において、TDMを改善する取り組みが必要があると考えられます。

  • データ配信テストデータを開発やテスト担当者に届けるまでの時間を削減する
  • データの質:信頼性の高いテストデータの要件を満たす
  • データの安全性速度に妥協せずにセキュリティリスクを最小限に抑える
  • インフラコストテストデータの保管とアーカイブ保存の費用を低減する

本資料では各分野において評価基準となる要件を詳しく解説しておりますので、ぜひこちらからダウンロードしてご一読ください。

ダイナミックなデータプラットフォームの構築

弊社がご提供しているDelphixを利用してダイナミックなデータプラットフォームを構築することにより、企業はデータの管理方法を変えることができます。Delphixなら既存のTDMツールで作業して、簡単にDevOpsツールと統合させることができ、開発チームがセルフサービスを通して動的にデータにアクセス、管理を実現します。

さらに、弊社が開発した日本語に特化した高性能マスキングツールであるInsight Data Maskingは最新版でAIによる個人情報等の機密情報の自動抽出機能を装備したことで、データの安全性と開発効率を向上させることができるようになりました。テストデータ管理に課題を感じている場合は、ぜひこちらもご検討いただければと思います。

Delphixの詳細はこちら:https://www.insight-tec.com/products/delphix/

Insight Data Maskingの詳細はこちら:https://www.insight-tec.com/products/idm/

資料の無料ダウンロードはこちら

ページトップへ
DB TECH SHOWCASE テックギークに贈る、データテックカーニバル! 2021.11.17[WED]-19[FRI]/ONLINEDB TECH SHOWCASE テックギークに贈る、データテックカーニバル! 2021.11.17[WED]-19[FRI]/ONLINE