Oracle新人のRACインストール その1

<Oracle新人のRACインストール その1>
ペンネーム:world famous beagle

4月ということもあり、今回はOracle新人がRAC(Oracle Real Application Clusters)
をインストールするまでの奮闘記になりました。
今週から順を追って説明していきます。

RACとは何か?を、初めから正確に理解することは難しいと思います。
OSの設定をしながら、インストールの作業をしながら少しずつ理解していける
はずです。ただ、キーワードを挙げるとするならば、
<RACとは、「拡張性」「可用性」を実現するシステムである>
です。

拡張性:
システムの利用者や負荷の増大に応じて、柔軟に性能や機能を向上させられる
ことを意味します。

可用性:
システムの壊れにくさを意味します。障害の発生のしにくさや、障害発生時の
修復速度などによって計られます。可用性の高いシステムとは、滅多に障害が
発生せずいつでも安心して使えるシステムを指し、逆に可用性の低いシステム
とは障害が頻発し、しかもなかなか復旧しないシステムのことを意味します。

この二つのキーワードを意識しながらインストールを行うことで、より深くRAC
について理解していけるのではないかと思います。

それでは、さっそくスタート。

先輩からの指示
「じゃあ、とりあえずRACをインストールしといて。
RedHat4を入れて、そこにFTPでclusterwareとdatabaseを転送してやればでき
るから。」
私の頭の中は、「らっく?赤い帽子?何それ?」

第1章 OSのインストール
何はともあれ、RedHatがLinuxというOSだということを知り、メディアを手に
サーバルームへ。
「コンピューターがぶんぶん鳴ってるし、寒いし、なんだここは。OSのインス
トールなんてしたことないからわからないけど、とりあえずメディアを入れて
サーバを起動してみよう。」

「マトリックスみたいな画面が出てきたな。お、Linuxの画面が出てきた。
言語の設定や、キーボードの設定は、japaneseでいいでしょ。余裕、余裕。」

最初にきた難関は、「パーティション」の設定。
partitionは、区切りとかそんな意味だった気がするけど、なんのことかさっ
ぱりわからないので、とりあえず、「自動パーティションの設定」をクリック。
すると、ディスクの領域を決める画面。
「なるほどね。ただ、どこにどのくらいの領域が必要なのかがよくわからない
な。これは、誰かに聞かねば!」

私:「すいません。パーティションの設定をしているのですが、どの位のサイ
ズで設定すればいいんですか?」
先輩:「あとで変えられるから、適当でいいよ。Oracleのハードウェア要件が
あるから、マニュアル見て。」

「うーーん。適当、っていうのが一番難しいのになー。」
(その後、インストール作業中に、swap領域が足りないというエラーが出るの
だが、この時はそんなことに気づくことはなかった・・・。そして、次回、事
前準備のパーティション作成でも、おおいにつまずくのである。)

さて続きをやりましょう。次はIPアドレスの設定。
これは、先輩が数字の書かれた紙をくれました。優しい時もあるのです。

memo

IP: 192.168.*.***	subnet: 255.255.255.0
IP: 192.168.*.***	subnet: 255.255.255.0
interconnect: 172.16.*.*	subnet: 255.255.0.0
              172.16.*.*	subnet: 255.255.0.0

IPアドレスは、編集で入力したものの「interconnect」とはなんぞや?
そんな単語は、画面上にないですね。
Googleで調べてみると、ありました。

***
インターコネクトとは,複数のコンピュート・ノードを1つのグループにまと
めて仮想的に1台のシステムとして稼動させるネットワークを指す。これによ
って,PCクラスタは複数のジョブを並列処理することが可能となる。
***
http://mikilab.doshisha.ac.jp/dia/research/report/2005/0811/002/report20050811002.html

「なるほど、今回はクラスタデータベースのインストールだから、interconnect
のIPアドレスを設定する必要があるのか。設定画面では、IPの設定に、
interconnectのアドレスを入れておけばいいみたいだ。これがRACの特徴である、
可用性、拡張性に関係しているみたいだな。interconnectを介して、二つのサー
バがお互いを認識しあう事で、もし、片方のノードが落ちてしまってもサービ
スがストップせずに済むのか!」

その後は、大きな障壁にはぶつからず、ついにLinuxの画面とご対面!
「あ、はじっこに赤い帽子の絵があるな・・・」

無事、OSのインストールが終了して、一息つこうと思っていたら、先輩がやっ
てきました。

私:「OSのインストールは出来ました!」
先輩:「あそう。FTPとtelnetの設定はした?」
私:「???」
先輩:「じゃあ、誰かに聞いてやっといて。」

「先輩が教えてくれたらいいのに・・・」

FTPもtelnetも外部からサーバにアクセスするので、誰でもアクセスできると
いうのはまずいですよね。
ということで、以下のような手順でそれぞれのサービスを起動する必要があり
ます。

-----------------------FTPの有効化-------------------------
■セットアップ画面
$su -
rootユーザーでログインする

$setup
セットアップ画面になる
システムサービス  → GSSFTPのチェックをはずす
                     vsftpdにチェックをいれる

■ユーザーの追加
$cd /etc/vsftpd.user_list
ユーザー「oracle」を追加

$cd /etc/vsftpd/vsftpd.conf
userlist_deny = NO →この1行を書き加える

■サービスの開始
$cd /etc/init.d
$./vsftpd start
 サービスが開始される

---------------------telnetの有効化------------------------
■telnetのモジュールが入っているかどうか確認する
$rpm -qa |grep telnet

telnet-0.17-20
telnet-server-0.17-20
(表示されればインストールされている)

■表示されない場合は、以下のコマンドを使ってインストール
 $rpm -ivh telnet-server-0.17-20.i386.rpm

■telnet をランレベル3(テキスト)と5(グラフィカル)で自動起動
$chkconfig --level 35 telnet on
ランレベルはLinuxやUnixの起動モードで、RunLevelで起動するデーモ
ンが決まってるらしい・・・
RunLevelが高いほど、起動するデーモンが多いんだってさ

■telnet起動
※telnetはデフォルトでxinetdから起動されます
$service xinetd restart

■確認
クライアントからtelnetでログインしてみましょう!

———————————————————–
来週は、第2章RACインストールの事前準備についてです。
この事前準備において、Linuxのコマンド操作に慣れることや、各種パラメー
タの設定、ネットワークの設定を通して、Oracleのインストールに必要な要件
を理解する必要があると思います。

Nilitaka kula chakula cha muchana, lakini sina pesa…
お昼ご飯が食べたいけど、お金がありません・・・ 茅ヶ崎にて