Attunity Replicate

Oracle Disaster Recovery

株式会社NTTぷらら

異なるバージョン間で最短のデータ移行
DR展開可能な外部バックアップでデータロード時間も短縮

– データベース更改に伴うデータ移行・バックアップ・開発環境の構築 –

NTTぷらら  ×   attu-rep-logo  

「1日に複数回も鮮度の高い状態のデータベースを手軽に作れるようになり、
BI、開発テストといった2次活用が可能になりました」
「簡単かつ運用しやすいため、DBAとしての業務負担を軽減できました」
― 技術本部 ネットワーク管理部

課題

「データベースのコストを最適化したい」

同社は映像配信サービス「ひかりTV」や、インターネット接続サービス「ぷらら」などの主力サービスの他、ネット通販、電子書籍、音楽配信などを展開している。これらを管理するデータベースは、システムの構築時と比べ、運用の手間や保守費用など、最適なコストとは言えなかった。そこで仮想化基盤へのデータベース集約の更改を開始。停止時間を最小限に抑えたデータ移行や将来的なDR展開を視野に置いた外部バックアップが必要となった。

要件

データ移行のタイミングで発生するサービス停止時間の短縮
DR(ディザスタリカバリ)を見据えた外部バックアップ
効率的な開発環境・検証環境の構築
データロード(コピー)時間の短縮

NTTぷららは Attunity ReplicateとDbvisit Standbyを使用して、どのように問題を解決したのか?

以下の項目にご入力いただき、[個人情報の取り扱いに同意してダウンロードする] ボタンを押してください。資料が表示されます。「*」印の項目は、入力必須項目となります。