Attunity Replicate

Ford Motor Company

最小時間でデータを統合、グローバルな
分析データをリアルタイムで可視化

– 従来システムに比較し、年間1億円のシステム運用費用を削減 –

Ford Motor Company  ×   attu-rep-logo

Ford Motor Company(以下フォード)は、1903年創業の自動車メーカーで、
全世界に約50工場、約20万人の社員を誇る世界的大企業です。

目的

最小時間でグローバル間のリアルタイムデータ連携

フォードが使用するデータ環境は、レガシーなメインフレームから最新のデータベースサーバーまで多岐にわたり、アプリケーションの数は4,000以上、データウェアハウスの数は 200以上に上ります。
全世界に散在する多様なアプリケーションにまたがる大量のコネクテッドデータ(センサーデータ、メンテナンスデータ、全自動運転データなど)の分析遅延が機会損失の原因となり、フォードは業界での遅れを感じていました。

課題

メインフレームを含む多種多様なデータベースにデータが散在
データの分析遅延による機会損失

要件

異種データベース間で連携

地域・組織で分散された大量のデータを遅延なく連携する

データのリアルタイム統合

競争力を強め高度な分析を行うため、グローバルなデータを中央集権化

フォードはAttunity Replicateでどのように問題を解決したのか?

以下の項目にご入力いただき、[個人情報の取り扱いに同意してダウンロードする] ボタンを押してください。資料が表示されます。「*」印の項目は、入力必須項目となります。