Oracle新人のRACインストール その18

<Oracle新人のRACインストール その18>
ペンネーム: world famous beagle

さて、先週ASMインスタンスの作成を乗り越えた印旛くん。
今週、彼を待ち構えているのは・・・。
やはり岸田さんという大きな壁!!

さっそくスタート。
——————————————————————–
よし、今日も頑張るぞ!
ASMは無事にできたみたいだし、もうそんなに難しいことがないといいな。

ひたすら作業、作業。
最後のほうは、ひたすら地味な作業だったなぁ。

「お、インストール画面だ!やったー」
多分、間違えてないと思うけどスペルミスとかあったらやだな。
大丈夫かな・・。

***インスタンス作成中***

うーん、頑張れー!

***インストールの終了***

「やった!ついに終わった」

「印旛くん、ちょっと」

うわ!!!!!岸田さんが呼んでるぞ!!
「はいっ!」
「君、RACのインストール終わったの?」
「あ、はい」
「ASMのディスクグループ1にあと100G足しといて」

ん?何を言ってるんだ岸田さんは???
けど、”ディスクグループの追加”っていうのをどっかで見たことがある気がす
るな。そのことだろうか?

「あの、確かにディスクグループが追加できるようなことが、
どこかに書いてあった気がするのでやってみます」
「うん、よろしく。手順書も作ってね」
「はい、わかりました」

ん?なんか優しい気がするな。
岸田さんが優しくタスクを渡してくれるときは、難易度が高い傾向があるんだ
よなぁ。

「DBは今動いてるの?」
「あ、はい動いてると思いますよ」
「psで見て」
「ps?」

***psと聞いて、プレイステーションしか思い浮かばない印旛くん。

「DBのプロセスが上がってるかを見ろ、っていってるんだけど」
「見えるんですか?」
「富樫くんか誰かに聞いて」
「はい、わかりました」

「富樫さん、DBのプロセスがあがっているかを確認したいんですけど」
「お、インストール終わったんだ」
「はい」
「プロセスを見るのは、psっていうコマンドがあるよ。
斉藤君に教わってなかったっけ?」
「あ!psってコマンドのことですか。確かに知ってましたけど、
頭の中で、結びつきませんでした・・・」
「なんだと思ったの?」
「いや・・・」

$ ps -ef
っていうコマンドで、起動しているプロセスが確認できる。

「+ASMっていうのがASMのプロセスだね。あとはORACLE_SIDがついてるのは、
Oracleのプロセス。ちゃんと起動してるみたいだね」
「よかったー。じゃあASMのディスクグループを追加します」

よし、とりあえずASMがどんなものか見てみたいな。
SQL*Plusでインスタンスにつながるみたいだけど、どうすればいいのかな。

$ sqlplus / as sysdba
だと、DBインスタンスにつながるよね。
んーーーー。

「斉藤くん、ASMインスタンスに接続するにはどうすればいいの?」
「ASMのORACLE_SIDを指定すればいいんじゃないですかね?」
「ん?どういうこと?」
「今は、ORACLE_SIDがDBのSIDになってますよね?」
「あ、うん。それって環境変数のORACLE_SIDだよね?」
「はい。その環境変数をASMのORACLE_SIDに変更するんです」
「あーなるほど、それでASMに接続できるんだ」
「はい」
「それって、export ORACLE_SID=+ASM1 ってことだよね?」
「そうですね」

$ export ORACLE_SID=+ASM1
$ sqlplus / as sysdba
SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on Tue Sep 12 14:51:42 2006

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All rights reserved.

ん?DBに接続した時と、画面のメッセージは一緒なんだ。
“ASMインスタンスに接続しました”みたいなメッセージが出ればいいのにな。
いつか間違えそうだな・・・。

------------------------------------------------------------------------
<Diskgroup追加手順>
1.(ノード1)パーティションの作成(user: root)
# fdisk /dev/sdb
拡張領域(raw4)の中にパーティションを作成する
     *今回は、raw6を作成

     →これは、前にもやったからわかるぞ。うーん成長してるな。

2.(ノード2)パーティションの同期(user: root)
# fdisk /dev/sdb
command: w

3.(両ノード)/etc/sysconfig/rawdevicesの編集(user: root)
# vi /etc/sysconfig/rawdevices
/dev/raw/raw1   /dev/sdb1       #OCR
/dev/raw/raw2   /dev/sdb2       #Voting Disk
/dev/raw/raw3   /dev/sdb3       #DG1
/dev/raw/raw4   /dev/sdb4       #拡張パーティション
/dev/raw/raw5   /dev/sdb5       #DG2
/dev/raw/raw6   /dev/sdb6       #DG1(追加)

     →raw6をDG1に追加するってことだけど、どうやったら追加されるんだろ。

4.(両ノード)新しく作成したパーティションのオーナー、権限の変更(user: root)
# chown oracle:dba /dev/raw/raw6
# chmod 660 /dev/raw/raw6

5.(両ノード)リブートする(usdr: root)
# reboot

6.(両ノード)DBをshutdownする(user: oracle)
$ srvctl stop database -d 

7.(ノード2)ASMをshutdownする(user: oracle)
$ srvctl stop asm -n 

8.(ノード1)ASMに接続し追加パーティションをディスクグループに追加する
(user:oracle)
$ export ORACLE_SID=+ASM1     →ORACLE_SID
$ sqlplus / as sysdba
SQL> alter diskgroup DG1 add disk ‘/dev/raw/raw6’;

     →ここで、ディスクを追加してるんだな。
       手順さえわかれば、そんなに難しくはないな。

9.(ノード1)ASMの起動(user: oracle)
$ srvctl start asm -n 

10.(ノード2)ASMの起動(user: oracle)
$ srvctl start asm -n 

11.(両ノード)DBの起動(user: oracle)
$ srvctl start database -d 

12.確認
SQL> select * from v$asm_disk;
追加したパーティションが表示されていることを確認する

SQL> select * from v$asm_diskgroup;
DG1のトータル領域が増加したことを確認する
--------------------------------------------------------------------------

よし、ディスクグループ1に100G追加できたぞ。

「岸田さん、ディスクグループの追加できました」
「あ、そう。ご苦労さん」