Database Performance

株式会社マイナビ

(旧: 株式会社毎日コミュニケーションズ)

データベースの状況をすばやく詳細に把握するためにPIを採用

リアルタイムな監視と可視化の実現で58万ユーザが利用する就職情報サイト「マイナビ」のトラブルを事前に防止

My Navi  ×  

マイナビでは、「広告型」の情報発信サービスや「対面型」の人材派遣サービス、そして出版など幅広いビジネスを展開している。特に、各種人材情報サービスにおいては、従来の紙媒体による情報提供からWeb中心へと変化しており、現在では複数の人材情報系Webサイトの運輸を行うに至っている。

課題

課題 1:
瞬間的な負荷ピーク

就職活動を迎える全国の大学生や、大学院生、専門学校生などの多くがマイナビにユーザ登録をするため、秋口から翌年の春までの利用がピークとなる。人気企業が一斉に応募受け付けなどを始めると、一気にアクセスが集中することもあり、瞬間的にデータベースへ負荷がかかることが多い。

課題 2:
定期的な新機能追加

毎年、サイトには新機能が追加され、登録ユーザの獲得のため世代ごとに別サイトをつくっていると言っても過言ではない。そのため、機能追加による性能劣化や、データベース処理の遅延、非効率性がアプリケーション全体の動きに影響を及ぼす危険がある。

課題 3:
データベーストラブル

これまで発生したトラブルの原因を分析したところ、データベースに起因するものがかなりのウェイトを占めていた。さらに、トラブル発生時に、調査から障害収束するまでにかなりの時間を要するケースが多い。

要件

システムの安定的な運用とリアルタイムによる可視化

サイト利用者の増加や多くの学生の就職活動を担う社会的な影響力の点からも、システムの安定的な運用が求められた。そのような点から、商用システムへの負荷はできるだけ小さく、性能劣化の予兆をレポートやグラフをユーザインターフェイスで見やすくすることが必要となった。さらに、問題の解決方法がナレッジとして蓄積され、データベースの状況、状態をリアルタイムに可視化できることで、問題の把握を迅速に行うことも求めれた。

要件

システムの安定的な運用
システムへの低負荷
性能劣化を予兆できるレポートの表示
DBの状況、状態をリアルタイムで可視化

マイナビは を使ってどのように問題を解決したのか?

以下の項目にご入力いただき、[download] ボタンを押してください。資料が表示されます。「*」印の項目は、入力必須項目となります。



]