Oracle Disaster Recovery

セブンイレブン・フィリピン

Dbvisit Standbyを選ぶ理由の鍵となったのは、サポートレベルの高さにありました。

Seven Eleven Philippines  ×  

フィリピン国内にはセブンイレブンが1,000店舗以上あり、人口9,900万人が日々利用している。多数の店舗を支援すること、諸島全域に人口が広がっていることを踏まえ、セブンイレブン・フィリピンでは大規模かつ複雑な在庫管理の運用が必要とされていた。

課題

ハリケーンによる、システムや運用へのリスクを軽減させる

フィリピン国内全ての企業に共通しているように、セブンイレブン・フィリピンでもハリケーンによるシステムや運用へのリスクを軽減させる必要があった。特に、首都マニラのメイン倉庫では国内1,000店舗の在庫を常に管理していた。セブンイレブン・フィリピンの在庫管理システムは、社内のITプラットフォームであり、重要な役割を担っており、24時間365日の運用が必須となっていた。そのため、緊急時に即座に起動でき、確実かつ信頼性の高いディザスターリカバリー(DR)ソリューションが必要であった。

要件

在庫管理システムは、WindowsベースのアプリケーションサーバーとLinuxベースのデータベースサーバーで構成されていた。データベースサーバーでは、Oracle 10g Standard Editionが使用されており、約900GBのデータが蓄積され、毎週約3GBのベースで増加していた。また、トランザクションデータは一日14GB生成され、スタンバイデータベースに送るアーカイブログデータは100GBとなっていた。この転送量をパフォーマンスインパクトなしに実現することが大きな課題であった。

要件

1,000店舗の在庫管理システムの運用
ディザスターリカバリーソリューション
24時間 / 365日運用の必要性
900GBデータベース
毎週3GBのデータ増加
Oracle Standard Edition
Linuxデータベース環境

セブンイレブン・フィリピンは Dbvisit Standbyを使用して、どのように問題を解決したのか?

以下の項目にご入力いただき、[download] ボタンを押してください。資料が表示されます。「*」印の項目は、入力必須項目となります。