Attunity Visibility

某大手オンライン旅行会社

HortonworksへEDWをリバランスし最適化

「Attunity Visibilityを使用して、適切なプラットフォームにデータとワークロードをリバランスさせパフォーマンスを改善しました。」

業界のリーダーである同社では、指数関数的な成長によって、データプラットフォームで管理・分析された膨大なデータの爆発的増加を経験していました。

目的

分析プラットフォームの事業使用量をより理解すること

『Attunity Visivility』は、Hadoopシステムとレガシーなデータウェアハウスへの洞察力を提供することで課題を解決し、Hadoopで最適化されたデータとワークロードを認識する手助けとなりました。

課題

急速に成長するデータ量がデータウェアハウスの容量を超過
不必要なデータのローディングが貴重な処理能力を消費し、300TBのIBM DB2データウェアハウスのコストが増額していること

要件

オフロードされたデータの特定

Attunity Visibilityを用いて、CPUに最も負担をかける処理、変換、Hadoopへ移行可能な使用頻度の高い・低いデータを特定することができます。

Attunity Visibilityでどのように問題を解決したのか?

以下の項目にご入力いただき、[download] ボタンを押してください。資料が表示されます。「*」印の項目は、入力必須項目となります。