Attunity Visibility

某大手コンピュータ製造メーカー

Attunity Visibilityで Teradata のデータライフサイクルマネジメントを改善

「Attunity Visibilityを使用して、ボトルネックであった根本原因解析を素早く実行、アプリケーションをチューニングし最適なパフォーマンスを向上できました。」

attu-visib-logo   ×   teradata-logo

同社のITチームは、10,000社のエンドユーザーと30TB以上のデータをサポートし、1ヶ月あたり10億を超えるクエリを扱うTeradataのEDWを管理しています。アプリケーションDBAは、業務要件に沿って、実装されたアプリケーションのパフォーマンスを最適化していました。

目的

クエリ書込み時間を削減しパフォーマンスを促進

以前の環境では、アプリケーションDBAチームは、問題のあるワークロードのソースや、特定のユーザー、アプリケーションアクティビィティの傾向を分析するために、手動でログにカスタムクエリを書き込んでいました。これらのタスクは必要でしたが、複雑かつ時間がかかり、リソースを抑制してしまうため、より自動化されたソリューションを探すことになりました。

課題

アプリケーションアクティビィティの傾向を分析するために、手動でログにカスタムクエリを書き込んでいた
複雑かつ時間がかかり、リソースを抑制していた

要件

必要なデータを簡単に識別可

アプリケーションテストとチューニングのため、『Attunity Visibility』の「ダッシュボードハイライティング・ヒストリカル(強調表示)分析」を使用し、アプリケーションDBAは、特定のアプリケーションユーザーや、ユーザーの使用傾向・パターン、関連したデータを期間ごと(時間、日、週)に簡単に識別することができます。

Attunity Visibilityでどのように問題を解決したのか?

以下の項目にご入力いただき、[download] ボタンを押してください。資料が表示されます。「*」印の項目は、入力必須項目となります。